海の中の母のイメージと母の中の海のイメージ

海の中の母のイメージと母の中の海のイメージ

海の中の母のイメージと母の中の海のイメージ

「母」と「海」の性質が近いことは、それこそ「漢字」の中にも現れており、そのことから中国人や日本人には理解しやすいことです。またフランス語でも両者の単語は互いに似通っています。フランス語で「母」は「m?re」で、「海」は「mer」というのです。

これらを表現した素晴らしい詩があります。

海よ、

僕らの使う文字では、お前の中に母がいる

そして母よ、

フランス人の言葉ではあなたの中に海がある

              「郷愁」 三好 達治 作

なにしろ、「海は生命の母」というのは、科学的事実でもあるのです。古い言語では、この「m」の音は、特に「水」を指しているようです。

ヘブライ語で「水」のことを「マイム」ということは、日本にも伝わっている有名なフォークダンスの曲名(「マイム・マイム」※)からも意外と知られています。そう、「マイム」とはヘブライ語で「水」のことだったのです。

また、ヘブライ語のアルファベットの「m」にあたる「メム」自体にも「水」という意味があります。面白いことに、日本語でも、それから韓国語でも、「水」のことをそれぞれ「ミズ」、「ムル」と表現し、やはり「m」で始まる音なのです。

※ コラム 【「マイム・マイム(水よ、水よ)」(「水の恵みに感謝する歌」)】

日本ではフォークダンスの曲で有名な歌。歌の中では特に「マイム・マイム・マイム・マイム、マイム・ベッサッソン!」というところが有名。「マイム」は「水」、「ベッサッソン」は「喜んで」ということ。

「サッソン」(SSWN)は男性名詞で「喜び」「歓喜」という意味。全体的には、泉を見つけて、その水の恵みに感謝するという内容の歌になっている。ちなみにこの歌は「ウシャヴテム・マイム」(Ush’avtem mayim)という曲名でも知られている。

これは、旧約聖書の「イザヤ書」第12章3節の「あなたがたは喜びをもって、救いの井戸から水を汲む」(日本聖書協会)という箇所を歌詞にしたもので、イスラエルでは神への感謝を捧げる祈りともなっている。

この「マイム」という語は、古代のアラム語で「母なる神性」という語と同根であったといい、そこから「女神」や「海」を示す単語に使われる「Mar」という語根とも関係があるのではないかと考えられている。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional